経営を健康で支える ヘルスケアマネジメント協会 一般社団法人

健康経営コンサルタント顧問契約で
御社の健康経営を強力にサポート。

健康経営コンサルタント顧問契約は、労働安全衛生法(※)に基づく衛生管理体制が御社に整備されているか確認させていただき、管理体制の導入・整備を行い、メンタルヘルス対策、ストレスチェックとその分析、過重労働対策、産業医との連携サポートなど、労働衛生、労務管理対策としてご利用いただけるご相談主体の顧問契約です。

※労働安全衛生法により義務化されている項目例

・定期健康診断の実施と異常の所見があった者について医師からの聴取と就業上の措置
・月100時間を超える長時間労働により疲労の蓄積した者に対し、医師による面接指導
・従業員に対する健康教育、健康相談などの計画的な実施(従業員自身のセルフケア含む)
・従業員(パート含む)が10人以上いる事業場に衛生推進者の選任
・従業員(パート含む)が50人以上いる事業場に衛生管理者の選任
・従業員(パート含む)が50人以上いる事業場に産業医の選任
・従業員(パート含む)が50人以上いる事業場に衛生委員会の設置・審議
・従業員(パート含む)が50人以上いる事業場にストレスチェック実施

  • 社内に専門知識のある担当者がいない
  • メンタルヘルス不調者の相談体制がない
  • 長時間労働者に対するフォロー体制がない
  • 定期健康診断の事後対応が充実していない

上記のようなお悩みや、実際問題としてどう対応していいのか分からない、どこまでが会社の責任か明確でないなどのお悩みが会社の経営者、人事労務担当者の方に多いことと思います。法律に基づく体制を作り、機能していけば、事故のリスク回避ができ、安心して働ける職場が提供できることで、企業コンプライアンスを遵守した健康経営の体制が整備できます。

たとえば、事業場の規模により条件が変わりますが、従業員の健康を判断するために産業医による診断が必要になります。しかし、産業医にどこまでお願いしたらよいのか分からない、対応が苦手という担当者の声をよくお聞きします。そういった場合には、弊社の専門スタッフが産業医との連携を図り、御社の担当者に代わって産業医が行わなければいけない職務を遂行できるよう支援いたします。また、50人以下の事業場では、産業医の選任義務はありませんが、法律上スポットで産業医面談や相談が必要な場合があります。この場合にも、どこに頼めばいいか分からない、詳しい専門医かどうか判断できない、料金的に余裕がないなどの課題に対し、行政の専門窓口などを利用した方法をお伝えし、安いコストで解決する方法を伝授、または御社に代わり、行政依頼の業務を行います。

健康経営コンサルタント顧問契約では、毎月1回の定期訪問時に下記に例示いたします内容等のご相談や、関連するご相談を承ります。遠方の事業所様については、電話・Skypeなどを利用しております。

ご相談内容
  • 事業場内体制整備や職場環境改善等に関する整備・導入支援
  • メンタルヘルス不調者の早期発見と対処等のご相談 ・助言
  • 心の健康づくり計画策定相談・助言
  • 衛生委員会等への出席説明等のご依頼
  • 復職支援プログラム・プラン作成相談・助言
  • メンタルヘルス教育研修の実施に関するご相談・指導・実施
  • 健康相談カウンセリングに関するご相談・実施
  • その他労務管理上の諸問題に関するご相談
顧問契約の
お申し込みはこちら

健康経営の体制整備・導入支援

法律・企業コンプライアンスに遵守した
体制整備、導入を支援。

メンタル不調者に悩んでいる、残業や休日出勤が多い、社内の活力が低下しているなど、職場の「心と体の諸問題」について、当協会専任コンサルタントがヒヤリングを行い、課題への対応をご提案し解決へ向けてサポートいたします。

また、労働安全衛生法・労働契約法に基づく管理体制を作り、企業コンプライアンスを遵守した健康経営の体制整備・導入をお手伝いします。

ご支援内容
  • ストレスチェック導入
  • 過重労働対策
  • 健康診断の事後対応

社内担当者の育成

健康経営を長く運用するために必要不可欠な
人材の育成をサポート。

健康経営を推進するには、健康に関する様々な法律やメンタルヘルス対策など多くの専門知識が必要です。サポートとともに、担当者様のノウハウを育てます。

健康管理のプロによるノウハウの提供

健康経営を支える各分野の専門スタッフが
総合的に対応。

厚生労働省の指針に従い、運動指導、健康指導、栄養指導、メンタルヘルスケアの専門スタッフが総合的に対応します。

健康チームのご紹介

健康相談・カウンセリング

社員の心身の健康を
個別にサポート。

個々の健康に関するトラブルの解消に向けて、従業員の直接の窓口となって個別の相談やカウンセリングを行います。

健康経営にかかわる研修の企画・運営

職場を活性化する研修やセミナーを
企画・運営。

HeCMオープンセミナー

メンタルヘルス対策、ストレスチェック、過重労働対策、労働衛生、労働安全衛生法、などに関連した、参加しやすいセミナーを定期的に提供します。最新の動向情報やノウハウの提供、そして外部からの刺激で、御社をさらに活性化することに繋がります。ご興味のある方はお気軽にお申し込みください。

社内セミナーの企画提供

御社向けに社内セミナーを企画・提案します。メンタルヘルス対策、ストレスチェック、過重労働対策、労働衛生に関連した内容で、“いま学びたい”、“理解を深めたい”と感じられるテーマがありましたら、なんなりとご相談ください。

研修・セミナー実績
オープンセミナー
  • 2013年3月「3月に多い心臓病と対策」
  • 2013年8月「管理者・管理監督者のためのメンタルヘルス・マネジメントセミナー」
  • 2014年2月「メンタルヘルス・マネジメントセミナー、ラインケアの実際」
  • 2014年5月「輝く職場へ/セルフケア」(一般社員向け)
  • 2014年7月「輝く職場へ/ラインケア」(管理職向け)
  • 2014年9月「輝く職場へ/外部資源活用によるケア・セミナー」
  • 2014年11月「輝く職場へ/上手な聴き方、伝え方講座」
  • 2015年1月「輝く職場へ/生活習慣病対策」
  • 2015年3月「輝く職場へ/健康診断の上手な活用法」
  • 2015年9月「メンタルヘルスの基礎知識と管理監督者の役割」
  • 2015年9、12月「メンタルヘルス・マネジメント研修」
一般企業向け
  • 2013年2月G生命保険会社「コミュニケーション力アップ~聴く力を身につける~」
  • 2013年4月A生命保険会社「心臓病と入院うら話」
  • 2013年7月IT企業「明日から実践できるメンタル問題の予防と対策」
  • 2014年6月G労働保険事務組合「スタッフのメンタルヘルス・マネジメント研修」
  • 2014年7、9,10月A生命保険会社「他人事ではない婦人科のお話し」
  • 2014年11月IT企業「管理職教育研修」
  • 2015年1月Y市商工会議所「経営者として知っておきたい心のケア・体のケア」
  • 2016年3月Y市商工会婦人会「女性として知っておきたい心のケア・体のケア」
  • 2016年6月L社「メンター制度研修」H28.6.20【職場定着促進助成金対象講師】
病院・介護・福祉向け
  • 2013年2月K国立医療センター 看護管理者対象「コーチングスキルアップ~指導の進め方・サポート法~」
  • 2013年2月F訪問介護サービス 接遇研修「理念から接遇を考える」
  • 2013年3月H県社会福祉協議会 内定者研修「新人職員のチームワーク」「先輩とのコミュニケーション」「ワークライフバランス」
  • 2013年3月H県社会福祉協議会 内定者研修「コミュニケーション能力を身に付ける」
  • 2013年4月H病院 新人研修「チームワークとコミュニケーションスキル」
  • 2013年7月H県老人福祉施設連盟「心を伝える発信力、誠意と熱意の接遇力」
  • 2013年11月H県老人福祉施設連盟「管理者のための部下育成研修」
  • 2013年12月H市医師会 職員研修「接遇スキルアップ研修、医療を支える一員として」
  • 2014年1月K社会福祉法人「職員接遇研修」
  • 2014年3月H市 健診センター 職員対象「コミュニケーションスキルアップ」
  • 2014年3月H市 健診センター 受付事務対象「接遇スキルアップ研修」
  • 2014年3月H県社会福祉協議会 内定者研修「新人職員のチームワーク」「先輩とのコミュニケーション」「ワークライフバランス」
  • 2014年3、8月H県社会福祉協議会 内定者研修「コミュニケーション能力を身に付ける」
  • 2014年5月H県社会福祉協議会 内定者研修「コミュニケーション能力を身に付ける」
  • 2014年8月K社会福祉法人「自己目標中間評価と実現方法検討
  • 2015年9月H県社会福祉協議会 社員研修「ストレスマネジメント研修」
学校
  • 2013年2月S大学オープンアカデミー コミュニケーション能力開発講座「聴く力」「伝える力」
その他
  • 食育講座 250名以上受講
  • マザーズコーチングスクール70名以上受講

各種サービスに関するお問い合わせ、お申し込みは、お電話(082-297-7756)またはフォームより承ります。
些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

顧問契約の
お申し込みはこちら