活力ある職場作りを

健康相談・カウンセリング活力ある職場づくりをメンタルヘルス対策(自殺予防対策を含みます)、過重労働対策は、事業者の社会的責任であり、活力ある職場づくりへの第一歩です。

職場のメンタルヘルス対策に関して、これから取り組みたい方は、職場のメンタルヘルス対策にあたっては、厚生労働省が定めた「労働者の心の健康の保持増進のための指針」に沿って、取り組んでいきましょう。合わせて、「労働安全衛生法」等の法令で義務化されている事業者の社会的責任も知っておきましょう。

職場のメンタルヘルス対策に既に取り組んでいる事業場にとっても、個別ケースへの対応は常に悩ましい課題かと思います。個別の課題は、朝礼などでの全体へ周知や全員を対象としたセミナーなどではなかなか解決できることではありません。かといって個別に時間をとって対応するなども行いにくい環境の問題などもあるかもしれません。そんなときに当協会での個別カウンセリングサービスを利用してみてください。個々の問題をレポートにまとめて事業主様に報告するだけでなく、一過性の対応ではなく経過観察的に長期なスパンで対応させていただいています。そうした対応が問題解決に繋がると私たちは信じています。

メンタルヘルス対策(自殺予防対策を含みます)や過重労働対策は、事業者の社会的責任です。健康問題を抱えておられる方々に対する支援の輪が大きく広がることがかけがえのない健康と生命を救うことにもなります。また、メンタルヘルス対策・過重労働対策は、働く人の健康を確保するうえで、最も重要な課題であり、多くの方に関心を持っていただくことが大切です。