▼5/20(水)、広島FM「GOODJOG+」ゲスト出演のお知らせ

HeCM代表理事の振本恵子です。

2020年5月20日(水) AM10:15~10:40

またまた、広島FM放送「GOODJOG+」にゲスト出演いたします。

http://hfm.jp/blog/good_jog/index_12.html

パーソナリティは俊山真美さん。

この春は、学校が休校、テレワーク、外出自粛・・・など、
これまでとは違う環境で過ごす方が多かったと思います。
ストレスがたまっている・・モヤモヤした気持ちをどうにかしたい・・・

コロナ疲れに関してのストレス解消法や自宅でできる免疫力アップ法など、をお伝えできればと思います。

ぜひ聞いてくださいね。

▼命を守るということ

広島も、今週末から外出自粛要請が出ましたね。
私も、今自宅のパソコンから投稿しています。

私は、かつて広島市内の3次救急受け入れ総合病院でICU(集中治療室)に勤務していました。

そう
新型コロナの重篤な患者さんが医療を受ける現場です。
環境を少しだけ、説明すると
※1枚目の写真(イメージ)のように、重症なため強心剤など沢山の点滴機械と全身状態を観察するモニターが24時間稼働し、基本は看護師一人で対応します。
(夜勤の時は、看護師一人が3名の患者さんを看ます。)

ここに、人工呼吸器(肺に直接酸素を送る装置)と、ECMO※2枚目写真イメージ(体外式膜型人工肺つまり、患者様から直接血液を取り出し、機械にて浄化した血液を再び体内に戻す装置)が加わります。

今、新型コロナ治療で注目されている二つの装置

でも管理ができる看護師は、私が勤務していたころですが
約900名の看護師の中から、30名程度しか居ません。
またECMOに関しては、臨床工学技士さん(医療機器の操作管理のプロ)が24時間寝ずに管理をします。
右下に写っている管の中の血液に、気泡や血栓が発生して患者さまに入ってしまったら、たちまち死に至るからです。
臨床工学士さんも、当時は3名しかいなかったと思う

つまり、装置はあっても管理する医療者が不足している課題が、まさにここ
対応できる人が足りないのです。

またICUナースも臨床工学士も、普段の業務は手術後や、入院中の重症患者、救急対応がメインです。

私が勤務してた病院は、年間約9,000名の手術件数と
約3万件の急患対応をしていました。

ICUでのベッド数は、わずか10床

この10床が埋まると、今までの急患や手術対応はストップします。

これが、医療崩壊です。。。

あなたや、あなたの大事な方が守れなくなります。

今、経済的などの色々な事情があるかとは思いますが
一番は、命を優先して欲しい

外出や休業自粛が出た今
守ってもらいたいのです。

そして、生きてください。

人は弱い。
けど強いのです。

この写真の人工呼吸器を装着した子どもの患者さんは、
何度も手術して、何度も生死をさまよいました。

だけど、今元気に過ごしています。 

生きていれば、必ず希望が持てます。
人の素晴らしい力を、私は目の当たりにしてきましたから(^^)

生きて、そしてまた笑って会いましょう。
私も、自粛の中で出来ることをします。

最後に、

今も必死に命を守ってる人が居る
私は、感謝と敬意を表します。

▼新型コロナウィルスの影響。。

新型コロナウイルスの影響で、
健康にも仕事にも影響が出ていますね。

当協会でも三月の講演やイベント登壇など、
全て中止や延期になりました💦

これを機に、感染対策の強化や
事業内容の見直し、
身体のメンテナンスなど、
空いた時間を有効活用します。
今日は、久しぶりにゆっくり寝ました(笑)

はやく、落ち着くことを祈りつつ
今、自分ができることを着実にする

あっ、
トイレットペーパーやティッシュペーパーは
買いだめしません!

不安は感染より早く広がります。
大事なものを見失わないように。。。

私は、皆様の投稿に元気を頂いております。
ありがとうございます(^^)

▼健康経営コーディネーターとなりました。

【健康経営コーディネーターとなりました】

一般社団法人ヘルスケアマネジメント協会の代表理事 振本代表による

健康経営コーディネーター・コンサル塾
の全日程を本日修了いたしました。

コーディネーターとして中小企業の
健康経営のコンサルティングを看護師の視点から仕組み作りに携わらせていただきます。

現役、産業看護職として
今企業内で発生している問題や課題を
リアルに提示しながら
企業が取り組まなければならないことを
コンサルティングさせていただきます。

大企業では当たり前に取り組まれている対策が、中小企業ではまだ取り組まれていない。
その必要性を感じていないとか、
必要性を感じていても
何から取り組んだら良いのかが
わからない企業様へ
出来ることから作り上げるサポートをいたします。

私自身は、働いている経験が活かせる事、
社内研修を行なって終わりでなく
継続して取り組みをサポートできる事に
希望とやりがいを感じています。
 

【看護職の皆さまへ】


健康経営コーディネーターとして
働く人と企業の健康経営を
私達と一緒にサポートしませんか?

ただ今、2期生を募集されています!
あなたの今までの看護職・保健師経験を
新たな健康経営というステージで
活かしてみませんか?

Facebookページをご覧くださいませ。

https://fbwat.ch/1OENlq6ltxv2yIzH


 
一般社団法人ヘルスケアマネジメント協会
理事
公文ユカ

▼第3回ソエルビジネスプランコンテスト

今日は、
第三回ソエルビジネスプランコンテストでした♫

私も、ちょっとだけお話ししました!
女性起業家や、女性の皆様が活躍されてる姿は、元気もらえる❤️

その後の交流会も楽しかったです♫
色々あるけど、今日も幸せ(笑)
<参考>
空尾 伊知郎さんは振本 恵子さん、他3人と一緒です。
2019年12月19日 ·
【 第2回 SOERUソエル・ファイナリスト集結 !! 】

先日12月16日のこと。
『第3回 中国地域女性ビジネスプランコンテスト・ソエル』ファイナリスト発表会&表彰式、
が広島国際会議場にて開催されました。

集合写真は昨年度、第2回ソエルのファイナリスト4名 !!
コンテスト後の交流会にてパワフルに集結しました。それぞれに社会貢献性の高い事業コンセプトで大活躍、まさに『広島で輝く女性』のみなさんです。

(私は昨年に続きオフィシャル撮影担当でした。)

▼全国商工会議所主催第18回『女性起業家大賞』特別賞を受賞!

HeCM代表理事の振本恵子です。

この度、全国商工会議所主催の女性起業家大賞で特別賞を受賞しました!
http://joseikai.jcci.or.jp/kigyoka/2019/kigyoka.html

全国レベルで当協会の事業内容が認められたことは、本当に嬉しい。
今日まで悩みながら、試行錯誤しながらやってきた事は、間違ってなかったって確信しました。

当協会は『産業看護職』(看護師、保健師)の集団で、健康の専門家達と連携を図り、契約企業様の健康管理の仕組みを作っています。
法令遵守(パワハラ対策も2019年6月義務化)から戦略的な健康管理を行うので、『健康経営』という働き方改革のノウハウもサポートしています。

実際には、、、

有所見率や休務率の低下に繋げるので、ベストな健康状態でパフォーマンスが発揮出来る社員様が増え、結果企業の業績に直結しています。

教育によって本人自身の健康管理能力や、上司の部下マネジメント能力も身につくので、社員様の予防能力が高くなるのも実感しています。

おかしいな〜と思ったら、すぐ私達に繋がる仕組みなので、初動対応が早い。
一緒に対応する事で、メンタル不調者も含めて正しい対応が出来て、本人も周りも楽になる。
主治医や産業医と連携する事で、治療状況もリアルに分かり、復帰時期や目標も明確になる。

なにより、健康相談できる看護師が職場にいるという安心感。

『あなたが居て、よかった』
『あなたが居て、助かった』

この言葉を担当企業様から良く言われます。

かつて、私が病院で看護師として働いていた時によく患者さんから言われていた言葉。 今は、企業の社員様から掛けて頂く言葉。

私が構想していた事業モデルに、近づきました。

それは、『看護師の職場の選択肢を増やす』こと

看護師を企業で働くという選択肢を増やす!

そして、 優秀な看護職がバーンアウトしない環境へ!

まだまだ道半ばですので、皆様何卒、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

▼7月は全国安全週間!講演の御依頼沢山頂きました。

HeCM代表理事の振本恵子です。

6月〜7月は総会や経営計画発表会、全国安全週間の月で、企業様や組合団体様より、講演の依頼を多く頂きました。

他種職の企業様ばかりですが、共通するテーマは、『健康』
健康ネタは、どの年代にも気になる話題です。
講演が終わったら、必ず個別に質問があります。

自分の事は気にはなるけど、つい後回しにしちゃうんですよね
特に経営者や管理職様!(笑)

自分が倒れても回る組織なら治療に専念できるのですが、人手がギリギリのところで頑張っていらっしゃるところが多いので、心配です。

講演により、ご自身の健康を考えるきっかけの一つになれば、幸いです。
そして一人で抱え込まないで、私達専門家にご相談くださいませ。

梅雨が明けて暑い日が続きますが、皆様、ご自愛くださいませ(^^)

▼2019年3月27日の中国新聞へ掲載

2019年3月27日の中国新聞へ掲載されました。

記事内容は、健康経営ワンポイントアドバイス!
会社ぐるみで、社員の健康管理を行うにはどうしたらいいの〜??
と言う悩みの回答です。

できることから始める
無理なく継続できることを目標にする
経営者自らが、宣言する

実践に向けてのステップをご紹介しています。

2019年ひろしま健康経営応援キャンペーン
中国新聞社様はじめ、記事掲載の企業様、団体様も応援しています。

となりの会社は、もう始めてます!

気になる方は、是非ご連絡くださいませ。

▼起業家交流会「ギャザリング in SO@R 起業家リレープレゼン」出演しました!

HeCM代表理事の振本恵子です。

2019年3月1日(金)、起業家交流会リレープレゼンゲストとして呼んで頂きました。

看護師から代表理事として協会を立ち上げた経験やノウハウを皆様にお伝えしました。
協会の事業内容やビジョンもお話ししましたので、皆様のお役に立てれば幸いです。

当日は、インターネット配信も行いましたので、動画をアップ致します。
(約6分程度)

ご覧くださいませ。


▼第2回中国地域女性ビジネスプランコンテスト ファイナリスト進出

当協会代表理事の振本恵子は、本日ニュービジネス協議会様主催の第2回中国地域女性ビジネスプランコンテスト ファイナリストとして表彰されました。
ご支援いただきました皆様、ありがとうございました。

以下、当協会がご提案したビジネスブランの詳細です。

限りある人材の健康を保つ『健康経営企業づくり』のプロ育成プロジェクト
~看護師・保健師によるコンサルタント集団の育成~

事業概要
1.『健康経営管理体制の整備と導入支援』
少子高齢化に伴い、中小企業を中心に慢性的な人材不足での悩みが上位を占め、過労死、メンタル問題など従業員の健康に関する課題が山積みとなっています。そこで、限りある人材の健康を保ち、組織の活性化に繋げる健康経営コンサルタントサービスを、健康のプロである看護師・保健師が提供する事業です。健康経営に取り組みたい企業様に産業看護職のコンサルタントを派遣し、労働衛生に基づく体制づくりを支援します。

(1) 健康経営プログラム導入支援
(2) 健康経営に関する教育研修の実施
(3) 健康づくり担当者への助言・コンサルティング
(4) 休職者の復職支援プログラム作成

2.『看護師・保健師による健康経営コンサルタント集団の育成』
健康管理のプロフェッショナルでありホスピタリティに優れた看護師・保健師による画一的なコンサルタント集団を育成します。企業経営や組織作り、コーチングの見識を兼ね備えたカリキュラムで教育・指導を行い、当協会コンサルタント登録者として企業にサービスを提供し、日本の健康経営企業づくりを加速させます。

3.『バックアップ体制』
産業医・産業カウンセラー・管理栄養士・運動トレーナーなど健康に関する専門家のネットワークを構築し、健康経営コンサルタントをバックアップする体制をとっています。社労士・弁護士・保険会社とも連携し、あらゆる相談も対応できるようにしています。