健康経営コンサルタント顧問契約のご案内

メンタルヘルス 対策、ストレスチェック 分析、過重労働対策、産業医 との連携サポートで、御社の健康経営を強力にサポート

健康経営コンサルタント顧問契約は、労働安全衛生法※に基づく衛生管理体制が御社に整備されているか確認させて頂き、管理体制の導入・整備を行い、メンタルヘルス 対策、ストレスチェック とその分析、過重労働対策、産業医 との連携サポーなど、労働衛生、労務管理対策としてご利用いただけるご相談主体の顧問契約です。

・社内に専門知識のある担当者がいない
・メンタルヘルス不調者の相談体制がない
・長時間労働者に対するフォロー体制がない
・定期健康診断の事後対応が充実していない
など、

実際問題としてどう対応していいのか分からない、どこまでが会社の責任か明確でないなどのお悩みが会社の経営者、人事労務担当者の方に多いことと思います。法律に基づく体制を作り機能していけば、事故のリスク回避ができ、安心して働ける職場が提供できることで、企業コンプライアンスを遵守した健康経営の体制が整備できます。

毎月1回の定期訪問時に下記に例示いたします内容等のご相談や、関連するご相談を承ります。遠方の事業所様については、電話・Skype などを利用します。

ご相談内容

1.事業場内体制整備や職場環境改善等に関する整備・導入支援
2.メンタルヘルス不調者の早期発見と対処等のご相談 ・助言
3.心の健康づくり計画策定相談・助言
4.衛生委員会等への出席説明等のご依頼
5.復職支援プログラム・プラン作成相談・助言
6.メンタルヘルス教育研修の実施に関するご相談・指導・実施
7.健康相談カウンセリングに関するご相談・実施
8.その他労務管理上の諸問題に関するご相談

※労働安全衛生法により義務化されている項目例

・定期健康診断の実施と異常の所見があった者について医師からの聴取と就業上の措置
・月100時間を超える長時間労働により疲労の蓄積した者に対し、医師による面接指導、
・従業員に対する健康教育、健康相談などの計画的な実施(従業員自身のセルフケア含む)
・従業員(パート含む)が10人以上いる事業場に衛生推進者の選任
・従業員(パート含む)が50人以上いる事業場に衛生管理者の選任
・従業員(パート含む)が50人以上いる事業場に産業医の選任
・従業員(パート含む)が50人以上いる事業場に衛生委員会の設置・審議
・従業員(パート含む)が50人以上いる事業場にストレスチェック実施

事業場の規模により、条件が変わりますが、従業員の健康を判断するために産業医による診断が必要になります。
ですが、産業医にどこまでお願いしたらよいのか分からない、対応が苦手という担当者の声をよく聞きます。

そこで、弊社の専門スタッフが産業医との連携を図り、御社の担当者に代わって産業医が行わなければいけない職務を遂行できるよう支援します。

50人以下の事業場では、産業医の選任義務はありませんが、法律上スポットで産業医面談や相談が必要な場合があります。
ですが、どこに頼めばいいか分からない、詳しい専門医かどうか判断できない、料金的に余裕がないなどの課題にあたります。
その場合、行政の専門窓口などを利用した方法をお伝えし、安いコストで解決する方法を伝授します。
御社に代わり、行政依頼の業務を行います。